ナレッジ!雑学

スポンサーリンク
アニメーション

旗をシミュレートする方法【Cloth】

Blenderのクロス機能を使い、旗をシミュレートしてみましょう。 風に吹かれて自然に揺れる旗を作ります。静止画でも使用出来ますが、特にアニメーションの制作で威力を発揮します。 ※~v2.79で解説しています。v2.80以降では大ま...
アニメーション

雨の波紋をBlenderで表現する方法

雨は静かな雰囲気を出すには絶好です。 神社のシーン、窓で外を見つめるシーン、帰り道の公園のシーン、晴れている日と真逆の雰囲気を伝えることが可能です。 ※~v2.79で解説しています。v2.80以降では大まかなやり方は同じですが、UI...
アニメーション

炎のシミュレーションと障害物の設定方法

吹き上げる炎に対して物を関連づけし、炎に影響を与えることができます。炎の中を突き進む車などのシーン、炎の中から現れる怪物や超人など、使い道は無限大です。 ※~v2.79で解説しています。v2.80以降では大まかなやり方は同じですが、UIの...
スポンサーリンク
アニメーション

水を流体シミュレーションで表現する方法

Blenderには、物理シミュレーション機能が搭載されています。物理的にコンピューターが計算し、手動では難しい動きを仮想空間の中で現実世界と同様に再現する機能です。 その一つが水を表現するシミュレートです。水の動きは複雑で、例えば岩に...
アニメーション

ベクトル・ブラー機能で残像を表現する方法

ブラー機能は動画にとどまらず、静止画でも動きを出すことが出来る機能です。 ブラーの強さにより低速から高速までの動きを見る側に伝えることが出来ます。 ボールや剣などの物体だけではなくキャラクター自体にも使うことが可能です。 ※~...
アニメーション

目を頭に追尾させる方法

キャラクターには目が付いていますが、Rigを設定しただけでは頭を動かすと目だけが付いて来ない状態となります。 目はあらゆる動きをするので目自体にボーンを組み込み、動かせるようにします。 ※~v2.79で解説しています。v2.80以降...
アニメーション

キャラクターに表情を付ける「Shapekeys」の使い方

キャラクターに表情を付けることで命が宿ります。笑った顔、泣いた顔、怒った顔、喜怒哀楽を表現することでその作品の雰囲気が伝わりやすくなります。 キャラクターに表情をつける場合、「shapekeys」という機能を使います。これは、元のオブ...
アニメーション

Boneの影響を制御するWeight Paintの使い方

Weight Paint機能では、ボーンで自動ウェイトした後に細かく修正することが出来ます。自動ウェイトはコンピューターが判断して影響を付けるため、思った場所にうまくウェイトされていない場合があります。このような場合に手動で正しく設定する必...
アニメーション

オブジェクトにBone(ボーン)とRig(リグ)を追加する方法

キャラクターを複雑に動かすには、Bone、つまりキャラクターに「骨」を組み込む必要があります。 一般的な動物は通常、骨があり関節があり筋肉を動かしています。Blenderでも同様に骨と関節を入れてキャラクターを動かしていきます。 ...
モデリング

リアルな山を3秒で簡単にモデリングする方法

山をモデリングする場合、平面を追加して頂点を増やしながら山の形を生成していきます。もちろん球体からでも作れます。 この方法でもいいのですが、Blenderには山を作る機能が搭載されています。「アドオン」です。アドオンを使い3秒で山を作...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました