金融辞典

資産運用のあり方と将来のリスクを分散する必要性

資産を運用することは大事なことですが、そもそも資産運用にはどのような意味があるのでしょうか?

将来のリスクを分散する意味でも資産を上手に運用することが大切です。

資産運用とは

一般的に資産運用は大きく次のように分けることができます。

  • 貯蓄(貯めることに重点を置く傾向が強い資産運用)
    → 安全性を重視し、確実に貯める預金や貯金でお金を運用する。
  • 投資(資産を増やす事に重点を置く傾向が強い資産運用)
    → リスクを取って収益を狙う、株式・REIT・FXなどリスク型商品でお金を運用する。

資産運用を行う場合には基礎的な事柄をよく理解し、効率的かつ効果的な運用を行う必要があります。

資産の規模を拡大したり、資産を守る目的で資産運用をおこないますが、資産運用をする際には、自分の資産は自分で守る「自己責任」を大前提に理解し、「リスクとリターンがあることを認識する」ことが必要です。

定期預金などの低リスク運用の金利が低いことや、老後の年金が現在の高齢者世代よりも期待が出来ないことなど、現代社会において資産運用の在り方が求められています。

また、災害や盗難など様々な観点からのリスクを抑えるためにも資産や時間の分散を行うことが大切になります。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 資産運用は将来の自分のため

さまざまな不安が現代社会にはあります。賢い資産運用が求められています。

スポンサード リンク

-金融辞典

© 2020 ナレッジ!雑学