Blenderで透過アルファチャンネルを設定する方法とは?

スポンサーリンク

画像には被写体と背景があります。

でも、背景がいらないときは背景を消す必要があります。そのときには『透過アルファチャンネル』の機能を使いましょう。透過設定はBlender制作で使用頻度が比較的高い作業になることが多いです。

スポンサーリンク

Blenderで画像の背景を透明にする方法

画像の背景を透明にする方法を学んでいきましょう。この作業ではBlenderのソフトとGIMPの無料ソフトを使用します。

使用する画像の背景が透過になっている場合には、この手順は必要ありません。GIMPを使う場合は、JPEG画像などの背景がついている画像が対象になります。

GIMP編集ソフトのダウンロード先
こちら

GIMPを起動したらこのような画面になります。まずは例を見ていきます。

画像を読み込みます。今回はパンダのイメージ画像を読み込みましたが、この画像はJPEG形式です。つまり背景は白色になっています。

Blenderに取り込んでみました。この状態では背景に白色が付いているので、「四角の絵」という印象を強く持ちます。

上記画像は透過した画像です。背景ありとなしとでは、見た目に大きな違いが生まれます。それではやり方を見ていきましょう。

GIMPで透過画像を作る方法

GIMPソフトを起動します。

GIMPに画像を取り込みます。

「レイヤー」から「透過部分」を選択。そして「アルファチャンネルを追加」します。これで背景を透明にすることが可能になります。

「ファジー選択」をクリックします。そして、不要な背景部分を左クリックしましょう。上記画像の場合は、白色の背景がいらないので、背景の白色部分でクリックしています。

「編集」から「切り取り」をクリック。

背景の白色が消えて、透過アルファチャンネル画像になりました。透明画像を保存しましょう。

「ファイル」から「名前をつけてエクスポート」を選択します。

「名前」をかえますが、形式は『png』にしてください。ここ重要です!「画像名.jpeg」などの場合は、「画像名.png」に書き直します。PNG形式は画像を透明にできるファイル形式になります。

デスクトップなど、自分のわかりやすい場所に保存しましょう。「エクスポート」をクリックします。

透過画像の完成です。

Blenderで透過画像(アルファチャンネル)を適用する方法

透明画像をBlenderのオブジェクトに張り付ける方法です。

Blenderを起動します。初期画面になるため中央には立方体があります。

立方体をキーボードの「X」で削除しましょう。

「Shift + A」から「メッシュ」を選択。中にある「平面」をクリックします。

テンキーの「3」を押します。

そしてキーボードの『R + 9 + 0』を押します。これはオブジェクトをR方向へ90度回転させるという意味です。

テンキーの「1」を押して正面図に戻します。

UIを分割します。UIの位置変更は、自分が作業をしやすい状態で大丈夫です。

「シェーダーエディター」を選択。

プロパティの「マテリアル」から「新規」をクリックします。

シェーダーエディター画面にマテリアル情報が表示されました。

「Shift + A」を押して、「テクスチャ」から「画像テクスチャ」を選択します。

続いて、「シェーダー」から「放射」を選択しましょう。

「シェーダー」から「透過BSDF」をクリック。

このように配置します。

「シェーダー」から「シェーダーミックス」を選択します。

上記画像のようにつなげましょう。

マテリアル項目のブレンドモードを「アルファクリック」に変更します。また、3DViewをレンダリングビューにしておくとわかりやすいです。

全体的な構図。

平面オブジェクトを「R + 1 +8 +0」で回転。これは、180度回転するという意味です。パンダが反転して正しい向きになりました。

まとめ

Blenderで透過設定を使用する機会は多いです。一度覚えてしまえば簡単にできると思うので試してみましょう。



【アミューズメントメディア総合学院】
独自のシステムによってゲーム、アニメ、イラスト、小説などコンテンツを創り、在学中から商品として市場に送り出す事ができる業界屈指の学校です。アニメ・ゲーム3DCG学科などがあります。



最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】
BTO(Build to order)なので、あなた好みのパソコンをご注文いただけます。豊富なカスタマイズメニューをご用意していますので、目的・ご予算に応じた「お客様だけの1台」をご提供できます。

タイトルとURLをコピーしました